土地家屋などの相続税の為の評価

相続において財産の評価というのはそのままダイレクトに相続税に影響してくることになりますのでどのような形で行われるのかというのは知っておく価値があります。現金は言うまでもなく、額面通りに評価されるということになりますが問題は宅地です。不動産などについては評価額ということになりますのでその評価がどのような形で行われるのかというのが相続税に影響する部分というわけです。宅地の場合においては路線価方式で評価するということになっています。路線価のない土地においては倍率方式で評価します。

国税局長が定める評価倍率というのがあるのでそれを掛け算して出した金額で評価するのが倍率方式になります。こうした方法で土地家屋というのは評価額が出される事になり、そこに相続税が課税されるということになるわけです。大抵の土地は取得価格よりも低い評価額ということになります。もちろん、何十年も前の年で極めて土地の価値が高くなったということになったりしますと評価のほうが高くなることは稀にあります。

相続

Posted by souzoku09