相続税の対象になるものとは

相続税のかかる財産とはどんなものであるのか、といいますとお金に見積もれるのであればすべての財産が対象になります。具体的に言いますと土地家屋や事業用の財産もそうですし、貴金属や宝石、書画骨董なども対象になります。現金などは言うまでもありませんし貸付金とか著作権特許権といったようなものも相続する財産になりますので課税対象になります。

また相続や遺贈によって直接的に受け取ったものではないにしても被相続人の死亡が原因となって彫られたものということになりますと課税の対象となるものがあります。これをみなし相続財産と呼びます。一般的には生命保険とか死亡退職金などがこれに当てはまると言えるでしょう。なお、これは別途非課税枠が存在しています。相続税を少しでも少なくしようとする時には贈与などで事前に渡しておくという方法に加えていくつもある相続税控除をよく知ってそれに合わせて財産のポートフォリオを作るというのは重要です。

相続

Posted by souzoku09