相続税対策の三原則とは

2021年8月17日

相続税対策というのは色々とありますがその三原則があります。それが遺産分割の対策であり、納税資金対策であり、もう一つか相続税節税対策になり、粉骨サービスを利用します。節税のみが対策ではなく、相続税を支払うときの現金を確保しておく、と言う事もかなり重要になります。そして、当然ですがその為の現金に対しても税金がかかる事にもなりますし、そこそこ複雑な計算もすることになるでしょう。相続税は基本的に現金納付になります。

ですから、不動産とか株などで多くの資産を持っている場合は、いざ相続税のために事前に現金を用意しておく、ということも重要になります。その上で節税対策として贈与をしておくとか財産の評価を下げることなどもやっておくとよいでしょう。不動産購入などはその最たるものであったりします。1000万円の現金と1000万円の不動産ですと後者の場合は1000万円丸々ではなく、評価額で課税されることになりますから、節税対策となるわけです。

相続

Posted by souzoku09