まずは相続税納付対象者であるかを確認する

日本で相続税納付の対象者は全体で4%から5%程度です。つまり、ほとんどの人は相続税納付対象者ではないということが言えます。しかし、相続の免税額以上の相続財産がある人は高額の相続税を納付しなければならないことになりかねないことから、相続財産がある可能性の高い人は自分が相続税納付対象者かどうかを調べておくことは絶対必要です。

相続税のことは被相続人が亡くなってから考えればいいと思っている人は予想外に高額の相続税を納付しなければならないかもしれません。被相続人が亡くなってからでは、相続税対策は一切できなくなってしまいます。その意味からも、相続税納付対象者である可能性の高い人は被相続人と相談などをしてなるべく早く相続税対策をすることによって、相続税を節税することが可能になります。

逆に相続税納付対象者にならないということが確認できるのであれば、相続税対策をする必要はまったくありません。ただし、税金は毎年のように改正されるので、その点には注意が必要です。

相続

Posted by souzoku09