相続の相談をするときの弁護士の探し方・選び方

2020年6月1日

PR|松原での葬儀をご検討なら

親族に不幸があった為、大阪府に行ってきました。ゴミ屋敷の大掃除を終えて大阪府で遺品整理の相談をした際に、今後の相続の対策について考えました。

相続について弁護士に相談
相続について弁護士に相談

相続の対策をしようと考えはじめると、様々な不安や疑問が浮かび上がります。特に遺言書の作成、遺産分割協議の実施、家庭裁判所への申し立ては法律の知識が必要です。先日従兄弟から数年前に豊中市に建てた注文住宅のことや、倉敷市の墓石の維持管理、心の込もった粉骨サービスの利用や海洋散骨による葬儀の他、相続についても相談されました。

姫路の高名な離婚弁護士に以前お世話になった事があったので、もし何かあればそちらに相談しようと思っています。
しかし普段弁護士に縁のない方が相続の相談をする際、どのように弁護士を探し、選べばいいのでしょうか、この点を解説します。

まずは自分で相続の手続きを進められるか、弁護士に依頼しないと解決しないのかを判断しなければなりません。そこでまずは情報収集をします。情報収集はウェブで基本的な判断材料を集め、あとは直接、弁護士に相談して判断します。
相談する内容がはっきりとしている場合、不安や疑問を解消してくれそうな弁護士を探すことになります。相談内容が漠然としている場合にはより情報収集に時間をかけます。
できれば弁護士に相談する前に、自分で解決できる程度の知識をまとめておくと、弁護士の話が納得できるものかどうかの判断ができます。弁護士を探すためのウェブ検索も大切ですが、できればある程度の知識を整理しておきたいものです。基本的な知識が身につくと、弁護士を選ぶ目も養われます。
弁護士は法律の専門家ですが、専門とする分野は弁護士によって異なります。たとえば、交通事故の示談交渉、離婚協議、自己破産、消費者金融など、多岐に渡ります。もちろん弁護士ですので、普段から相続の問題を取り扱っていなくても頼りになりますが、できれば相続を専門に扱っている弁護士にお願いしましょう。
三大都市圏など弁護士事務所が多い地域であれば、最終的に3~5人ほどに絞り込み、弁護士報酬とサービス内容を比べて決めます。サービスの良し悪しは比較してみないとわからないためです。

弁護士の探し方・選び方 まとめ

1 ウェブ検索

ウェブで最低限必要と思われる知識を探し、まとめておきましょう。情報収集するうちに、弁護士の情報が入ってくることもあります。また、法のテラス(https://www.houterasu.or.jp/)など、ウェブを通じて直接弁護士に質問するサービスもあります。

2 弁護士探し

自分の目的に合った弁護士を探します。選ぶ基準は、専門性、相談のしやすさ、家からの距離、弁護士報酬などが挙げられます。まずは近場の弁護士から情報を集め、項目ごとにまとめておくと比較しやすいでしょう。

3 弁護士選び

無料相談などを利用して、弁護士に相談した方がメリットがあると判断できれば、どこに依頼するか選びます。すでに候補は挙がっているかもしれませんが、複数の弁護士を比較し、より親身になって対応してくれるところを選びましょう。報酬体系の説明を受け、事前に説明されたサービス以外は請求されないことを必ず確認しましょう。

カウンセリングのお悩み解決サイト|英会話ノウハウ勉強会|美容と健康女性ランキング|注文住宅のための用語集|ゴミ屋敷解消Q&A|健康に役立つ口コミ情報|女性のための薄毛治療研究会|マーケティング経営研究.net|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|AGAでお悩み解決|

Posted by souzoku09