相続税で重要になる相続人の範囲とは?

相続税を考える際は、遺産総額がいくらになるかということも重要ですが、それと同じく相続人が誰になるかや何人いるかということも非常に重要になります。なぜなら相続人の人数などによって相続税の金額が大きく変わってしまうこともあるからです。法律によって決められた相続人の範囲については、まず被相続人(亡くなった方)の配偶者がそれに含まれることが大原則になっています。その上で、相続人になるための優先順位が3つまで定められているのです。優先順位の第1順位は、被相続人の子供であり、子供がいない場合は孫が代1順位になります。

そのため、例えば配偶者と子供が2人いる場合は、その方たちが相続人になるというわけです。そして配偶者も子供のいないというケースであれば、第2順位である被相続人の父母が相続人になり、その父母もすでに他界している場合は第3順位である被相続人の兄弟が相続人になります。家族がいる場合は、その方たちが相続人になるので分かりやすいと言えますが、そうでない場合は父母や兄弟になるということを知っておくとよいでしょう。

相続

Posted by souzoku09